我が家には、レイちゃんともう一頭
ワンコが居ました。

名前はブライアン 御年16歳の
ゴールデンレトリーバー
多少歩きがぎこちなく、目と耳も悪くなって
痴呆もあるのか良く夜中に夜鳴きしてました。

昨年の検査で肝臓の数値が悪く
腫瘍もあるといわれていましたが
痛がったり寝込んでしまうことも無く
元気にこの冬も過ごしていました。

前の日の夜も元気にご飯を食べてた
ブライアンが昨日の朝 
静かに息を引き取っていました


あまりに突然で信じられなくって

IMGP8701.jpg
レイちゃんもブライアンとお別れを
(あんまり分ってないよう??)

その日のうちに葬祭場へ
IMGP8707.jpg

IMGP8712.jpg
最後のお別れです、ブライアンパパ《弟》の
背中がとても淋しげで 。゜゜(´□`。)°゜。

とっても良い子でした
我が家で初めてのワンコで、訓練所にも通って
レイちゃんの師匠でもありました。

元気な頃は川へ水遊びに行ったり
登山は良く一緒に行ったものです。
弟が7年間の長い間、北海道に居る間は
年に二回しか帰省できず淋しい思いを

昨年弟が戻ってからは、16歳とは思えないほど
自分でちゃんと歩けるし、トイレも出来るし
本当に手のかからない子でした

最後は見取ってあげる事出来なかったことは
とても残念でした。

16年間 ブライアンありがとう!!




スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hooktail.blog70.fc2.com/tb.php/498-7a8e2e29