上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日の日曜日は臨時休業して、出雲大社へお礼参りに出かけたのですが
その途中、今年に入って2回目の事故を起こしてしまったのです。
本当ならこんな事Blogに書くべき事ではないのですが、その事故がきっかけで、素敵な方達と出会える機会がありました、その方達の事をどうしてもご紹介したくて、書き綴っております。

雪道


私たちが出かけたのは、日曜日の早朝。 
その日はあちこちで道路規制(冬用タイヤ)があり、いつもと違う道を通って出雲へ向かっていました。道路上には雪も積もってましたが何とか出雲まで後30kmほどの所まで来たときでした。

そこはほとんど雪も残らず、真ん中に残雪が少し残った下り坂カーブの橋の上でした、前輪タイヤがその残雪を少し踏んだ瞬間。


車はコントロールを失い右へ滑り始めました、右はダム建設中のところで谷でした(後で知ったのですが)、右にぶつかると思いハンドルを切りブレーキを踏んで今度はクルッと車は一回転して左方向へコンクリート擁壁にぶつかると思った瞬間、後輪が側溝に落ち、ぶつかる手前で車はやっと止まりました。

事故現場1
奥が進行方向 (私と坂本さん)


脱輪

後輪脱輪の様子。 シャフトが曲がってタイヤが内側へ

事故現場

事故現場遠景


すぐに皆を確認、Kana、レイちゃん・うっでぃ・シータ・そして私。
誰一人怪我することなく無事でした。


ですが、車は右前輪はパンク・右後輪は脱輪でシャフトが曲がってる
この状態ではエンジンはかかっても自走は不可能でした。
今年に入って2度目の事故、そして誰も知っている人などいない九州から遠く離れた出雲の地、車の通りも少ない山奥でどうすれば良いのか途方に暮れていました、そんな時

一台の車が止まり、男性が降りてこられました。 たまたまこの道を上っていった所にある温泉へ向かわれていた、お名前が坂本さんと云われる方が私たちの様子を見かねて声をかけてきて下さったのでした。

その時点で、車は福岡に持って帰る事は決まっていたのですが、動かない車ですので、置いておく場所・街までいく手段、加えてウッチャン達をどうやって運ぶか・・・色々問題があったのですが、
車を置いておく場所は、坂本さんの教え子の方でHonda Cars 出雲にお勤めの上野さんの力をお借りして、一日置かせていただく事に。 その後は坂本さんのご好意で、レイやウッチャン達も一緒に車に乗せていただき、出雲大社へお参りに。

坂本さんお勧めの場所へも案内してもらいました。向かった先は坂本さんの参加されている「そうじに学ぶ会」でのお知り合いでもある、だんだん工房の井上さんの元へ。 途中に松井銘木さんで色々教えてもらったりして、だんだん工房に辿り着いたのは回りは暗くなってからでした。

井上さんからはまたたくさんの情報を得る事が出来ました、小国で窯元をされている満願寺窯 北川八郎先生のお話を楽しく聞かせていただきました。 他にも来待石を使った井上さんの作品や、周辺の陶芸家さん、私たちの行こうと思っていた石見銀山の群言堂のこと、話は尽きませんでした。井上さんにも色々お世話になって、宿の手配から、夕飯までご馳走になってしまって、本当にありがとうございました。 

結局坂本さんには、約半日私たちと一緒に過ごしていただいて、何不自由なく過ごさせて下さいました。  初めて会ったばかりの見ず知らずの私たちの為に、これだけの事してくださって何と言って良いのか、感謝の言葉が見つかりませんでした。 

坂本さんはおっしゃいました、私達が困っているのを見て自分は何をしてやれるのだろうと、そして一日私たちの為に一緒に居てくださったのです。 最後のお別れする時に坂本さんから ありがとうと言われたのです、私達が言うべき言葉なのに坂本さんから言われて、坂本さんのお気持ち、考え方が少し分かったような気がしました。

今回の出会いは、必然であったような気がします、出会うご縁があったのだと。 私たちも、坂本さん井上さんのような人となれるよう、これから二人で努力していきたい、これからも末永く坂本さんたちと善き友人としてお付き合いしていきたい、そう思っています。

今回の旅で出会った人全てに、【だんだん】。

長文・駄文で申し訳ありません。 最後までお読み下さった方ありがとうございます。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hooktail.blog70.fc2.com/tb.php/55-4562aa46
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。