7月初めより、BCRNボーダーコリーレスキューで保護された
スタンリー君をお預かりしておりました

情報では六歳の男の子で、フィラリア強陽性でかなりの太りすぎで
我が家にやって来ました。 少し目ヤニが気になったので獣医さんで
目薬を処方していただき治療を始めました
後で分かったのですが、顔の右側の顔面神経麻痺があり
目ヤニが出ていた右目にはもともと傷もあって
いろいろな要因が重なって角膜に穴が開き
緊急に目の手術が必要となりました

目の専門医のいらっしゃる動物病院へ駆け込みましたが
残念ながら手遅れで、目を摘出する手術を行いました。
fc2blog_20160722115700a62.jpg   fc2blog_20160722115645ada.jpg

現在は2週間経過していますがまだ傷は完治していません。
あと1週間くらいすればエリザベルカラーも取れるし
来週には毛玉だらけの毛も綺麗に刈ってもらう予定です~

今回、初めてのことで世話をしている私たち本人もてんてこ舞いでしたが
一番頑張ったのはやっぱりスタンリーでした
今後の治療ももちろん、今回の手術ではかなりの高額医療費がかかりました
もしよろしければBCRNへのご支援よろしくお願いします

ご支援はこちらから

BCRNご支援募集ページ

先日はamzonの欲しいものリストからフード支援いただきました
満面の笑顔のスタンリーです
fc2blog_20160722115629e78.jpg

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hooktail.blog70.fc2.com/tb.php/913-a28c9423